コメントをする。


コメントをする。

商品の投稿がなければ他ユーザーからのコメントを受け取ることはできません。そうならないためにも商品の投稿は必須です。投稿しているうちに、コメントが入ることがあります。

私は、フォローをされたときには、そのユーザーROOMに訪問し、感謝のコメントを送ります。中には挨拶コメントお断りのユーザーもいらっしゃいます。その際には商品についてのコメントをすることで感謝の代わりにします。また、投稿した商品についてのコメントに対しては、その都度コメントをしていきます。

そして投稿した商品が売れた場合、お知らせが届いてから、商品の説明欄の頭に日にちとご購入の感謝のコメントを入れていきます。まれに投稿していない商品が売れることがあります。その場合、その商品の投稿を優先的に行い、日にちとご購入の感謝のコメントとともに、商品の説明を入れていきます。

さらには、楽天市場だけでなく、楽天ブックスでの購入やトラベルでの予約などでお知らせが届くこともあります。楽天ブックスの場合、電子書籍購入も対象になりますが、電子書籍の投稿はできませんので、私の場合、その書籍の紙書籍を電子書籍の代わりに投稿し、日にちとご購入の感謝のコメントとともに、商品の説明を入れていきます。トラベルでの予約の場合、旅行関係の商品を投稿することが多いと思います。こういった行為はほとんどのユーザーで見受けられます。

投稿した商品が売れることは一番の喜びです。一つでも売れることに感謝する気持ちが大事だと私は思います。それにはコメントが唯一の表現ではないかと思います。

楽天ROOMとは?
商品の投稿
「いいね」をする
フォローをする
コメントをする
コレクションをする
投稿商品の整理
成果報酬

トップへ

,